優れた効果

育毛剤と薄毛治療薬

育毛剤とは一般的に、「脱毛の原因を抑える」と同時に「今生えている髪の成長を促す」ものを指します。
この育毛剤には市販されているものと医薬品が存在し、またそれぞれに多くの種類が存在しています。
育毛剤は、それぞれの製品に配合されている成分や成分の含有量が異なるため、自分の症状に適した育毛剤を見つけ出すことは非常に難しいとされています。

もし市販の育毛剤を用いて効果を実感できなければ、お医者さんに相談し医薬品の育毛剤の利用に切り替えたほうが妥当です。
しかし医薬品の育毛剤は副作用が生じる可能性があるという欠点があります。
それら育毛剤の中でも薄毛治療薬と呼ばれるものが存在します。

その中でも代表的な治療薬が「プロペシア」と「ミノキシジル」と呼ばれるものです。
前者のプロペシアは主に錠剤タイプで利用される治療薬です。
プロペシアは男性ホルモンであるテストステロンがデビドロテストステロンに変換される作用を抑える効果があります。

このデビドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となる物質なので、これにより薄毛が治療されるのです。
このプロペシアには副作用があることが報告されていますが、発症率が低く数パーセントであるとされています。
後者のミノキシジルはプロペシアとはタイプが異なり、頭皮の血管を拡張し血行を促進させることで毛母細胞に働きかけ、毛母細胞の分裂を活性化させることにより発毛を促進させるタイプの治療薬です。

この二つ治療薬はFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可された男性型脱毛症の治療に用いられる治療薬であり、現代科学において、薄毛治療薬としては最高の効果が期待できる治療薬とされています。
前途、市販の育毛剤を使用しても効果を実感するができなかった場合は医薬品の育毛剤の利用に切り替えることが妥当だと記述しましたが、お医者さんに相談に行くと、先に紹介したプロペシアやミノキシジルといった薄毛治療薬を処方されるかもしれません。
その際には副作用に十分注意しながら使用することが大切です。

このページの先頭へ