優れた効果

育毛剤で髪1本1本を太く長く育てる

脱毛症の対策に効果的な育毛剤を用いることによって、頭髪の1本1本を太く長い髪に育てることが可能です。
育毛剤には主に4つのタイプが存在し、それぞれ「男性ホルモンの働きを抑制するタイプ」「血行を促進させるタイプ」「毛母細胞を活性化させるタイプ」「毛根に栄養を供給するタイプ」とされていますが、髪の毛を太く
長く育てたい場合は「毛母細胞を活性させるタイプ」と「血行を促進させるタイプ」の育毛剤を用いるのが効果的です。

前者のタイプの育毛剤が作用する毛母細胞とは、髪の毛が作られる場所のことを指します。
この毛母細胞が盛んに分裂することで髪の毛が発育するとされていますが、髪の毛が細くなってきている人はこの毛母細胞の働きが鈍っている可能性があります。
そこでこのタイプの育毛剤を用いて毛母細胞を活性化させることにより、髪の毛を太く長くすることができるのです。

また後者の「血行を促進させるタイプ」の育毛剤には、頭皮の毛細血管を拡張し頭皮に栄養を行き渡らせることで毛母細胞に栄養を供給し、毛母細胞を活性化させることで髪の毛の発育を促すという効果があります。
結果的には直接毛母細胞を活性化させる前者のタイプの育毛剤を用いた場合と同じく、毛母細胞が活性化されるので髪の毛の発育が進むのです。
こうした育毛剤を効果的に使用することで髪の根元にハリが出たり、髪にコシが出たり、さらには髪が固く強くなったり、ボリューム感が出たりします。

育毛剤は脱毛の症状が進んでから治療のために用いられる場合が多いですが、脱毛が進行してからではなく、髪の毛の質感が弱弱しくなった段階で用いることによって、脱毛を予防することができるだけではなく髪をより太く長い立派なものにすることが可能なのです。
髪の毛が細く短くなるという症状は、男性特有のものではありません。
女性にも同じような症状がでる可能性があります。
特に女性の場合は頭髪が脱毛してからでは遅いので、これらの育毛剤(女性向けのものも多く存在します)を用いて効果的に髪の毛を質のいいものに育てていくことが大切です。

このページの先頭へ