優れた効果

育毛剤の効果と副作用

育毛剤にはさまざまな効果が存在します。
現在市販されているほとんどの育毛剤は男性型脱毛症の治療に効果的です。
男性型脱毛症とは頭皮の男性ホルモンが脱毛を促進させる原因となる物質を多く生産してしまうことで起こる症状です。

この男性型脱毛症を改善するために、男性ホルモンの働きを抑制するタイプの育毛剤などが多く存在します。
また育毛剤を用いて脱毛を予防することもできます。
この場合、髪の毛が細く短く、また抜けやすいものになってきたと感じた段階で、毛母細胞を刺激するタイプや血行を促進させるタイプを用いることで髪の毛をより太く長く、抜けにくいものにすることができるのです。

育毛剤には市販されているもののほかに、医薬品タイプのものが存在します。
この医薬品タイプの育毛剤は、市販のものと比べて大きな効果を期待することができるのが特徴です。
しかしこの医薬品の育毛剤は、使用した際に副作用が現れる可能性があります。

具体的には、頭皮のかゆみ、低血圧、赤ら顔、性欲減退、多毛症、頭痛、めまい、不整脈、動悸、手や足、顔のしびれ、むくみ、急速な体重増加、胸痛、にきび、発疹、皮膚の紅潮といった副作用が確認されています。
特に頭皮のかゆみは、副作用の中でも最も発症する可能性が高い症状であるとされています。
育毛剤に対する適性は人それぞれなので、どの人がどういった副作用を発症するか、またしないかといったことは使用してみないとわかりません。

また代表的な薄毛治療薬であるプロペシアは副作用の発症率が低く、数パーセントであるとされていますが、あなどることはできません。
医薬品の育毛剤は市販のものでは効果を実感することができなかった場合に用いるのが適切です。
この場合、医師から自分の脱毛症状や副作用の可能性についてしっかりとした説明を受けることが大切です。
また副作用が怖い場合は、副作用を発症することがほとんどない市販の育毛剤を長期間使用するのが妥当であるといえます。

このページの先頭へ