優れた効果

育毛剤で抜毛を止めよう!

現在は様々な種類の育毛剤が販売されていますが、それらの育毛剤は抜け毛防止にも効果を発揮するとされています。
そもそも抜け毛とはどのようなメカニズムで生じるのでしょうか。
頭皮の抜け毛は男性ホルモンであるテストステロンが5α-DHTと呼ばれる物質を大量に出すことによって生じます。

対して男性の頭皮にも存在する女性ホルモンが存在し、これをエストロゲンと呼びますが、エストロゲンは抜け毛を抑える働きをしています。
もし頭皮に男性ホルモンのテストステロンしか存在しなかったら、髪の毛の成長が速くなりすぎ、結果髪の毛が抜け落ちるスピードも速くなってしまうでしょう。
しかし女性ホルモンのエストロゲンによって髪の毛が成長してから抜け落ちるまでの時間が長くなるので、抜け毛が抑制されるのです。

このテストステロンとエストロゲンの頭皮における分布は完全に等しいとは言えません。
エストロゲンは側頭部や後頭部に多く分布していますが、テストステロンは前頭部と頭頂部に多く分布しています。
側頭部や後頭部の抜け毛に悩む男性はあまりいませんが、前頭部と頭頂部はまさに多くの男性が抜け毛に悩む部位であるといえます。
抜け毛が多い男性は男性ホルモンであるテストステロンのバランスが崩れた結果、頭皮の環境が荒れてしまっているとされています。

このテストステロンのバランスを保つためには規則正しい、睡眠、食生活、運動を続ける必要があります。
こうした生活習慣が不規則になると男性ホルモンのバランスが崩れ頭皮環境が荒れてしまうのです。
男性ホルモンのバランスを正常にしたい人はそうした生活習慣を見直すことが妥当です。
対して育毛剤には荒れてしまった頭皮環境を治す効果があります。

育毛剤を用いることで頭皮環境を改善し、抜け毛を抑制する方法も効果的なのです。
しかし最も効果的な方法は、生活習慣の見直しと育毛剤の使用の両方を行うことです。
そうすることでテストステロンのバランスが保たれると同時に頭皮環境も改善され、抜け毛対策に大きな効果が期待できるのです。

このページの先頭へ